お魚🐟の煮つけの基本🍲

お料理の基礎知識&便利技

煮つけの基本的な材料

🧂醤油大さじ2🧂みりん大さじ2🧂砂糖大さじ1🧂酒大さじ3🥛水80~100ml🌶️生姜1かけ

その他根菜類 ねぎ・ごぼう・蓮根・たけのこ等を一緒に炊くと美味しいですよ😋

基本的な調理方法

煮汁を中火で沸騰させたらすぐに火を止め、魚や炊き合わせを入れます。その後は弱火で蓋をします。5分程煮たら煮汁をかけながら様子を見てさらに5分~7分程度煮込んだら完成です😊

ポイント!

基本的に「煮つけ」は素材の上部が見えるようにし、素材が煮汁の6~7割程度浸かるようにします。全て煮汁に素材が浸かってしまうと、うま味が全て溶けだしてしまうからです。逆に、煮込み料理はスープが主役なので素材は煮汁に全て漬け込みます。

姿煮の場合はお魚の頭が左側を向くように鍋に入れます。そのままの向きで盛り付けますので、見える部分が荷崩れしないようにする為です。時折、煮汁をすくってお魚にかけながら仕上げていきます。 事前にお魚の両面に左上から右下に向かって2本又はばってんに隠し包丁を入れると良いです。 ※お魚はひっくり返してはいけません!

切り身の場合は皮が見える側を上にします。左右で切り身の幅が違う場合は、大きい幅の方を左に向けて煮ます。

※見栄えも重視した調理方法になります。最近はお魚の質も良いので、「霜降り」「湯引き」はあまりしない事が多いです。煮つけが初めての方は、まずは切り身から挑戦してみると良いと思います😊